医療法人社団 実相会 相田歯科クリニック
相田歯科クリニック 03-3809-2514 〒116-0011
東京都荒川区西尾久6-2-12
相田ビル1F
相田歯科クリニック 子どもの頭脳を育てる歯科矯正
なぜ歯科矯正をすると頭脳に良いのか?(院長のこだわり)
集中力と呼吸について
頭を良くする条件
相田歯科クリニック 見た目・形の問題
子供の立場に立った矯正治療
(いじめの対象にしないために)
がたがた・でこぼこ
受け口(下顎前突)
出っ歯(上顎前突出)
噛み合わせが深い
すきっ歯
前歯が合わない
相田歯科クリニック 症状別の問題
カラダの不調や集中力を欠く時には歯の状態を確認すべき
頭痛が起きやすい
集中力がない
肩こり
耳鳴り
めまい
相田歯科クリニック 治療の流れ・費用
カウンセリング
費用の詳細
相田歯科クリニック その他
ブログ
相田歯科クリニック 院長紹介 相田歯科クリニック 診療時間 相田歯科クリニック アクセス 相田歯科クリニック お問い合わせ 相田歯科クリニック リンク集
子供の歯並び homeへ 見た目・形の問題 すきっ歯
サイト内検索
    すきっ歯
歯と歯の間に隙間(すき間)が開いている状態をいいます。
子どもの歯が生え変わりはじめる時期の6歳〜7歳ごろは、すきっ歯になっていることが多いです。この時期は、子どものすきっ歯が気になる親御さんも多いことでしょう。

乳歯は永久歯よりも小さいので、隙間が開いている状態は、永久歯のためのスペースが確保されていることを意味しています。お子様の成長とともに、歯も大きくなったり伸びたりし、自然と隙間がふさがってくれば大丈夫です。

ただし、十分成長したにもかかわらず、すきっ歯になっている場合には、注意が必要です。
特に息が常に抜けるような状態は、聞きとりにくい不明瞭な発音になります。
虫歯や歯周病の原因にもなります。
原因は?
顎と歯の大きさが合っていない
歯が小さい
歯の本数が不足している…
一般的に、大人の永久歯は28本(上歯14本・下歯14本)。
まれに、遺伝や先天的な理由でこれよりも少ないことがあり、通常より歯の本数が足りないためにすきっ歯になってしまいます。ただし、発育などへの影響はありませんので安心してください。
余分な歯がつまっている
治療について
治療は叢生の治療と同様です。
ワイヤー付プレート型装置(唇側線付プレート)、ブラケット装置などを用います。原因があれば必要な外科処置を行い、その後、プレート型またはブラケット装置で歯の隙間を整えます。全体的なブラケット治療が必要なケースもあります。

治療期間の目安は、約1.5〜2年間です。
期待できる効果
以下のような効果が期待できます。
発音がはっきりできる 歯周病を予防する
虫歯を防ぐ 見た目の改善による心理的な安心感
トップページに戻る>

医療法人社団 実相会 相田歯科クリニック 東京都荒川区西尾久6-2-12 相田ビル1F
TEL:03-3809-2514
相田歯科クリニック アクセス
Copyright © 2010 AIDA Dental Clinic. All Rights Reserved.