相田歯科クリニック よくある質問

矯正はいつから始めたらいいのですか?
最適なのは「永久歯が生えそろう前」(6歳ぐらいから)ですが、気になったときにいつでもご相談ください。

子どもの矯正治療では、あごの骨の成長期と矯正治療の開始時期を合わせることが大切です。治療開始時期の違いによって治療結果に大きな差が生じてきます。一般的に、あごの骨が急成長するため治療を避ける「思春期性成長」の前後で、「第一期治療」と「第二期治療」の2つに分けて治療を行います。

「子どもの矯正治療は早いほうがいい」といわれますが、
正確にいうと「永久歯が生え揃う前」が治療開始に最適な時期となります。

上あごは、7才から8才にかけての1年間で、急速に成長します。この時期に上あごの成長が遅れている子どもは、成長を促す治療、反対に上あごが突出している子どもはその成長を抑える治療が必要になります。

このように、永久歯が生えそろう前の乳歯が残っている段階で検査や治療を始めると、永久歯が生え揃ってからの本格治療(第二期治療)に向けて万全な準備ができます。永久歯が生え揃ってから治療を始めると歯を動かすスペースを作るために抜歯が必要になることがあります。
抜歯を避けるためには、自然にスペース作りの準備ができる乳歯段階での治療開始が最適です。

ご両親からご覧になって、お子さんの歯並びに少しでも不安なところが出た時点で、できるだけ早く矯正専門医の診断をお受けすることをお勧めします。

また、顎の骨格に問題のある受け口や開咬、交叉咬合といった不正咬合は、早めに治療したほうが良い場合もあります。
遅すぎるということもなく、矯正は何歳からでも始められますので、気になったときにいつでもご相談ください。


Copyright © 2010 AIDA Dental Clinic. All Rights Reserved.



相田歯科クリニック よくある質問

子どもの年齢によって治療のしかたなど違ってくるのでしょうか?
幼児期と小児期で異なります。
幼児期では本格的な装置をつけての治療はほとんど行いません。
小児期(6歳ごろ)から本格的な治療を行います。

幼児期とは
3歳から6歳頃の幼児時期は6歳臼歯(第一大臼歯)が生えてくる前の時期になります。この頃の歯科矯正は本格的なものはほとんどしません。顎の発達もこれからのものとなります。

3歳頃になると大体の顎の形や口の形が決まってきます。この頃に出っ歯や受け口であったり、上下の歯のかみ合わせが合わなかったりした時は、一度矯正専門医の診断をお受けになったほうがいいでしょう。お子さんの症状によりさまざまですが、治療が必要となった場合でも、多くの場合は本格的な矯正治療ではなく、異常なあごの発達を防ぐ目的の治療が行われます。また、お子さんの歯並びや顎の発達の問題が本人の舌やお口周りの癖によって起こっている場合もあります。そのような場合は、癖を取り除く治療が行われることもあります。
小児期とは
矯正治療を始めるのに一番適切なのがこの時期となります。6歳臼歯(第一大臼歯)が生え始めてから、全ての永久歯が生え終わるまでの時期です。永久歯が生え始める6歳くらいからが矯正治療のスタートにもっとも適している時期です。

この時期の乳歯には歯と歯の間に隙間ができています。これはあごがきちんと成長している証拠なので安心してください。逆にぴったりときれいに歯が並んでいるようでは、一回り大きな永久歯が生え揃うスペースが足りなくなってしまいます。そのような状態の場合は、あごの骨を拡大する小児矯正治療が必要となりますので、矯正専門医の診断をお受けください。


Copyright © 2010 AIDA Dental Clinic. All Rights Reserved.



相田歯科クリニック よくある質問

期間はどれくらいかかりますか?
それぞれのお子さんのあごの成長具合や、それに伴った治療開始時期などによって違ってきますが、第一期治療で1〜2年、第二期治療で2〜3年くらいの治療期間となることが一般的です。

第一期治療にかかる期間(1〜2年)
第一期治療は、基本的に歯が永久歯に生え変わるまでの期間の治療になります。お子さんの年齢でいうと、乳歯が永久歯に生え変わり始める6才ごろから、全ての永久歯が生え揃う12才ごろまでです。

この時期にバイトプレート、拡大床などの装置を積極的に使用した治療を行います。骨格的な出っ歯や受け口、顎のずれ等の改善や、永久歯の並ぶスペースを作るために顎の大きさを拡げるなど、この時期にしか効果を得られない、成長を利用した非常に重要な治療を行っていきます。(※装置については後述)
第二期治療にかかる期間(2〜3年)
第二期治療は、永久歯が生え揃ってから、ブラケット(大人の装置)をすべての歯につけ、歯並びなどの細かい治療を行います。

ブラケット(大人の装置)は歯をきれいに並べ、最終的な咬み合わせを作ることを目的としています。


Copyright © 2010 AIDA Dental Clinic. All Rights Reserved.



相田歯科クリニック よくある質問

大人でも可能ですか?
もちろんできます。

最近は大人になってから矯正する人も増えています。
矯正は子ども時代にしておくものというイメージがありますが、年齢に上限はありません。


Copyright © 2010 AIDA Dental Clinic. All Rights Reserved.



相田歯科クリニック よくある質問

子どもが矯正治療する際、親としてどんなことに気をつけてあげればいいですか?
ときに励まして、子どものやる気を持続させてあげてください。

矯正歯科治療は期間も長く、日常的に矯正装置を入れたり、毎日の丁寧な歯磨きや定期的な通院が必要になったりと、治療する本人の努力や根気が求められます。

そのため、治療を始めるときは子ども自身の自発的な意思があることが大切です。

しかし、いざ治療が始まると、慣れない矯正装置への違和感などで、子どもがやる気をなくしてしまうこともあります。そんなときは、ものを美味しく噛んで食べられる幸せや、いつも明るい笑顔で自信を持って人と接することのできる素晴らしさなどを話し、そのためのの第一歩が治療期間であることを伝えて、励ましてあげましょう。

また、食後の歯磨きを忘れないように家族でサポートしてあげることも大切です。とくに固定式の矯正装置を使っている場合は、24時間中装置が口の中に入っているので、食べた後、歯磨きを丁寧にしないと、虫歯や歯肉炎になりがちです。場合によっては途中で装置を外し、虫歯の治療を優先させなければいけないことも…。そんなことにならないように、食後に親子で一緒に歯磨きをする習慣をつけてみたりするのもいいと思います。

矯正歯科治療の場合、一般歯科と違って、装置時代も自分でつけたり、外したりす場合があります。なかでも装置を「一日10時間装着してください」などと言われたときは、それをきちんと守らないと治療の効果がありません。

子どもの治療においては、家族の応援が何よりの支えになるはずです。ときに励まし、注意を促しながら、子どものやる気を支えてあげていただきたいと思います。


Copyright © 2010 AIDA Dental Clinic. All Rights Reserved.



相田歯科クリニック よくある質問

装置の種類はどんなものがありますか?
子どもの矯正治療では、かみ合わせの状態や成長・発育の段階にあわせて色々な装置を使用します。

代表的な装置に以下のようなものがあります。
バイトプレート
バイトプレートは咬みあわせの深さを補正する装置で、咬合挙上板(こうごうきょじょうばん)とも呼ばれます。

主に混合歯列期の過蓋咬合(かがいこうごう)の治療に使用され、低くなった咬み合わせを高くするために用います。下顎前歯が接触する、お口の中の天井部分、口蓋床部を樹脂で平坦に高く盛り上げたレジンのプレートが特徴です。

臼歯を挺出させ、前歯を顎の骨に押し戻す圧下によって、咬合(上下の咬み合わせ)の高さを上げます。
また、ワイヤー矯正による矯正治療終了後の保定装置(リテーナー)としても用いられます。
拡大床(かくだいしょう)
ネジの力であごの幅を拡大する取り外し式の装置です。装置の中央には、「拡大ネジ」とよばれるネジが埋め込んであり、このネジの幅を広げる力を加えることで、歯の土台となる歯槽骨を側方に押し広げる構造です。適用対象は、主に乳歯列期や混合歯列期初期のお子様の第1期治療に使用されます。

症状によって、拡大床の治療のみで咬み合わせが改善する場合もありますが、通常は、乳歯列期や乳歯と永久歯が混ざった混合歯列期にこの拡大床を使用したあと、全ての歯が永久歯に生えそろうのを待ってから、第二期治療としてワイヤー矯正を行うことが多いです。
リンガルアーチ
リンガルアーチは歯の裏側につける装置です。使用時期は6歳〜10歳ほどで、主に歯列の側方拡大や前方拡大などを行います。裏側から装着するので表からは矯正しているように見えません。

奥歯にセメントで接着してありますので、自分で取り外しができません。反対に咬んでいる前歯などを改善します。


Copyright © 2010 AIDA Dental Clinic. All Rights Reserved.



相田歯科クリニック よくある質問

できるだけ早く、できるだけ目立たない方法でやりたいのですが?
矯正装置の種類はたくさんあり、透明に近いセラミックやプラスチック製の装置も開発されています。

見た目が気になる思春期のお子様に最適な目立たない装置も用意しています。また逆に、カラーゴムやメタルのような目立つ装置を楽しむお子様も増えてきています。

治療の期間については、矯正の種類により異なりますが、やはり最低1年ぐらいは見てじっくり治療に臨んでいただきたいと思います。


Copyright © 2010 AIDA Dental Clinic. All Rights Reserved.

画像・イラスト http://www.aoki-kodomo.com/ より